横手盆地の位置  

横手盆地は秋田県南部にあり、奥羽山脈と出羽丘陵に挟まれた東西15km、南北50kmの細長い形状をした広大な盆地です。
盆地の東南部には、盆地の名前の由来となる横手市があり、北部の大仙市、南部の湯沢市とならんで 県南部の中核都市を形成しております。




横手盆地を真上から見た地形図です。西側を出羽丘陵に、東側を奥羽山脈に囲まれた日本一広い盆地です。



同様に横手盆地を真上から見た地形図です。盆地内を10m毎の等高線を色分けしました。標高は奥羽山脈側が高く西にいくに従い低くなっています。


 
横手盆地の鳥瞰図  
     
鳥瞰図(ちょうかんず)とは、鳥が空から眺めた時に見える景色です。
上の鳥瞰図は日本海上空から横手盆地をみたものです。横手盆地の手前側は出羽丘陵、向こうには奥羽山脈、北上平野、さらに太平洋まで見えます。
この鳥瞰図は横手盆地の南側上空から北側をみたものです。手前の方が拡大して見えます。道路も川も描かれています。



  横手盆地を囲む山々です。


 
横手盆地の地質へ戻る
inserted by FC2 system